ケトン体ダイエットと低炭水化物

よく「低炭水化物ダイエット」と混同されますが、「ケトン式ダイエット」は単に炭水化物を控えるものではありません、アトキンス博士の理論に従い、インシュリンや血糖をコントロールし、体重を減らしていきます。その効果や評判、実行方法や副作用までの情報をお届けします。

ケトン体ダイエットとは

「ケトン体ダイエット」という言葉を聞いたことがありますか?別名、「アトキンス式ダイエット」「ケトン式ダイエット」とも呼ばれるもので、「低炭水化物ダイエット」「ローカーボダイエット」とも(厳密に言うと違うのですが)呼ばれています。別名の「アトキンス」にあるように、lpれはアメリカのアトキンス博士が提唱したダイエット方で、普段の食事から炭水化物を極端に減らすことで、血糖値及びインシュリン(インスリン)をコントロールすることによって、減量や体質改善を狙うダイエット方法です。
もう少し詳しく説明すると、食事から炭水化物を極端に減らした場合、インシュリン(インスリン)が作られず糖が血中から無くなってしまうため、その代わりのエネルギーとして、体内の脂肪が分解された「ケトン体」が使用されます。このように、血糖が無い為に、血液中にケトン体が増えていて、それがエネルギーとして使われている状態を「ケトーシス」と呼びます。簡単に言うと、糖の代わりに、脂肪が分解されてできたケトン体をエネルギーとして使うわけですから、ダイエット効果があるというのはお分かりだと思います。
このように、「ケトーシス」状態を作り出し、体内脂肪を燃焼しやすい体にして、脂肪のみを効率良く燃やすという理論です。 」

ケトン体ダイエットと低炭水化物ダイエットは、厳密には違います。

前項のように、「炭水化物ダイエット」と呼ばれることがあります。しかし、アトキンス式低炭水化物ダイエットは、単に「炭水化物を控える」というダイエットではありません。極端な炭水化物制限を行うのは、「ケトン体ダイエット」を開始してから最初の2週間のみです。その後は体調や体重の経過を見ながら、少しづつ炭水化物を増やしていきます。ですから、ただ漠然と、炭水化物を控えめにするダイエットとは、厳密には違うのです。

ケトン体ダイエットの特徴と効果

「ケトン体ダイエット」の特徴やポイントをまとめますと、「食欲を抑えつつ、空腹感を感じさせず、体脂肪エネルギーとして利用し、筋肉も異化されないように、筋肉量もキープする。さらに、血中の中性脂肪を減らすことにより、動脈硬化を予防する。当然ダイエット効果は絶大なものがある。 」といった感じです。最初のうち、極端な制限をするのは炭水化物のみで、たんぱく質や脂質は制限がありませんので(ただし、腹八分推奨です)、ひどい空腹感と戦うことはなく、そうゆう意味では、ケトン式ダイエットは取り組みやすいダイエット方法と言えるでしょう。

ケトン体ダイエットの方法の説明、まずは低炭水化物の食事から。

では、実際のケトン式ダイエットの方法について解説します。
まず第一段階として、設定した目標体重に達するまでの間は、1日の炭水化物の量を、1日の摂取カロリーの5%に抑えます。

「1日に2000kcal摂取をしてるなら、炭水化物の摂取量は100kcal(25g)以内」
「1日に1600kcal摂取をしてるなら、炭水化物の摂取量は80kcal(20g)以内」

この制限を続けることで、体脂肪がエネルギー源として燃焼される、「ケトシース状態」となりますから、この炭水化物制限を目標体重になるまで続けてください。

目標の体重になったら、今度は第二段階に入ります。今度は1日の摂取カロリーに占める炭水化物のカロリーの割合を、を1週間に1%ずつ増やしていきます。この増加は20%までです、それ以上は増やさないでください。

「第2段階の一週目は、炭水化物のカロリーを6%以内にします。(1日2000kcal摂取してれば120kcalまで)」
「第2段階の二週目は、炭水化物のカロリーを7%以内にします。(1日2000kcal摂取してれば140kcalまで)」
「第2段階の三週目は、炭水化物のカロリーを8%以内にします。(1日2000kcal摂取してれば160kcalまで)」

このように増やしていきますが、最終的に20%は超えないようにします。またこの時期は、自分の体にあった炭水化物摂取量を見つける期間となります。リバウンドしないように注意しながら、20%を超えないようにし、自分の体にあった炭水化物の食事量を見つけてください。

ケトン体ダイエットでは、軽い運動も必要です。

ケトン体ダイエットは、低炭水化物のから始める食事制限が基本のダイエット方法ですが、基礎代謝量が落ちないように、つまりリバウンドしにくいように、運動にて筋肉を刺激し、筋肉量を減らさないようしていきます。といっても、決して激しい運動を求めるのではなく、1日に20分~30分くらいの、毎日続けられる、決して苦ではない運動で大丈夫です。

口コミでも広がるケトン体ダイエットは効果大だが、デメリットや副作用も!

ケトン体ダイエットは確かにやせます、口コミでもその評判は広がり、確実に基本どおりに実行できたら、間違いなくダイエットできるでしょう。特に体重がより重い人なら、ケトン体ダイエットの効果は目を見張るものがあるでしょう。ただし、注意点やデメリットもありますので、その説明もしていきます。
まず、始めるにあたって、糖尿病で薬を処方されていたり、既に何らかの生活習慣病で通院している方は、医師と相談をして下さい。ケトン体ダイエットを続けていると、頭痛や下痢などの、低炭水化物とによる副作用がでる場合がありますので、その場合は無理せず中止してください。また、急激に脂肪が分解され、ケトン体が生成されことにより内臓に負担がかかる場合がありますので、水分をできるだけ多く摂取して、体外にできるだけ排出して下さい。他にも体臭や口臭が気になる場合があったり、低炭水化物状態のせいで、精神的にイライラする場合があります。
これらは個人差がありますので、全く問題のない方も多いでしょうが、無理は禁物ですので、症状が出た場合は他のダイエットに切り替えたほうが良いでしょう。

CopyRight 2008気になる情報発信館All right reserved.
-日常に役に立つお得情報勢ぞろい-